« 研究会風景・優等動画です。 | トップページ | 明日の研究会。(中国地方) »

2017年7月13日 (木)

らんちゅうの尾と朝顔のはっぱ。

マキです。

ブログを更新しようと思うけど、ブログをはじめた最初の頃のように
なかなかたくさんは我が家のらんちゅう達をアップは、、ドキドキでできないかも。。

なので、昔の自分のブログに助けてもらいながらの更新も良いですよね。

このブログを読まれているのは初心者方の方が多いのかもしれないですしね。

って、私もまだまだ初心者ですがですです(爆)。

さて、今日は2010.07.23のブログ、タイトル「朝顔のはっぱ」から*********************

Asagao1_2

よく、ベテランさんとかが、らんちゅうの尾はアサガオの葉のように、
少し前がかりがあってゆるやかなカーブが。。。とかいろいろいわれたりするのを耳にしますデスね。

このたとえはめちゃくちゃ!!素敵だなって思ってしまいマス。

夏の風物詩?のアサガオを、らんちゅうの尾にたとえるなんてぇー!!すごくない!!ですかデス。余談ですがある本によると、美しいといわれる黄金比の1:1.61803398・・って、自然界にたくさん存在する比率らしいです。オウムガイの殻のできかたやひまわりの種の配列とか、読んでて難しくて途中でなげてしまったですがデス(笑)。

なので、らんちゅうは人工的な美とかいわれるけど、このように自然界のものにたとえられたりもして、やっぱり奥深いんだー!!(感動ウルウル)って感じてしまいますデス。やはりらんちゅうに長く携わっている方々のお話を聞くのはとても興味深くてとても貴重なことだと思ってしまいますデスね。

*********************************************

はい。

ちょうど7年前のブログですが、なんか文章が若い。。元気いいですね。。(笑)


らんちゅうの尾は私は今もよくわからないなぁ。。いろんな尾があるしなぁで、

でもらんちゅうの尾についての言葉はたくさん耳にするですね!


私的には尾については、「ビジュアル」と「機能」の言葉があるなあと思ったりーです。


「ビジュアル」の言葉は、

ミツオ・ヨツオ・ツマミ・サシ・ヒラヅケ・うちわのような尾etc・・


「機能」の言葉は

水を切る・水をかかえる・味のある泳ぎ・腹をたたく?etc・・


あと、ツケが高い・肩が広い・カンカンの尾・尾先をおろす・お椀のようにふわっとetc・・は
「ビジュアル」と「機能」の両方のような。。


とかとか、品評会で観覧しているときに聞き耳をたてていると

「親骨の1番が、、」とか「今いっぱいの尾、、」「これからよくなる尾」とか。。

聞こえてくるんだけど、、これはどうも泳ぎ「機能」に関する言葉のような。。

らんちゅうの尾って他の金魚にないおもしろさがあるですね!!

って、私的には今は泳いだ時に前がかりのできる尾がかっちょよい~!!ってデス。

あ、もちろんミツオくん、サクラちゃんでも好きheart01じゃわ。

会報の品評会の審査基準でもOKですしですね。

*今日の記事は個人的なものですのであしからずです。pig


ポチよろしければお願いします↓


にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村

|

« 研究会風景・優等動画です。 | トップページ | 明日の研究会。(中国地方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533685/65528304

この記事へのトラックバック一覧です: らんちゅうの尾と朝顔のはっぱ。:

« 研究会風景・優等動画です。 | トップページ | 明日の研究会。(中国地方) »